人気漫画の最新話のネタバレやあらすじ、感想をご紹介します。

漫画ハイライト

はじめの一歩

はじめの一歩 ネタバレ!1251話【最新話】【恐怖】「あの人、パンチドランカーだから…」

投稿日:

週刊少年マガジン10号(2019年02月06日(水)発売)【はじめの一歩】の 1251話(最新話)のネタバレ&あらすじをご紹介!

はじめの一歩の最新話を見る!

以下ネタバレありのあらすじなので、まだ最新話を読んでいない方はご注意くださいね。

前回(1250話)のあらすじ

宮田が一歩と青木、金田が練習している土手にやってきました。

一歩に「パンチドランカーと誰に言われた?」確認しに。

それだけではないと思いますが、、、。

確かに一歩に「パンチドランカー」と診断した人間はいません。

疑いのある症状が見られたから引退を決意しました。

しかし、今も腕、足首に重りをして走っています。

いったい、何のために・・・。

「はじめの一歩」1251話のネタバレ

宮田が帰っていって、一歩は人外の線の前で考え込んでいるようです。

その間、板垣が青木と金田に、宮田さんと一歩のことをいろいろ教えてやりました。

最大のライバルだったけど、タイミングがあわず闘うことなく一歩が引退してしまったこと。

一歩は確かに誰にも『パンチドランカー』と診断されたわけではないこと。

しかし、パンチドランカーと疑われる症状かもしれないという状態で引退を決めたこと。

なにより、一歩にとって大切なボクシングよりももっと大切な存在があります。

自分を女で一つで育ててくれた母親です。

母親に悲しい思いをさせたくないから、本格的なパンチドランカー症状に襲われる前に身を引いたわです。

青木も金田も神妙な面持ちで板垣の話を聞いています。

そして宮田のことを心配しています。

「宮田さん、確認できたのは希望ですか?絶望ですか?」

これからどうするんでしょうか?宮田は…。

一歩が我に返りました。

「練習、再開!」

板垣、青木、金田とロードワーク再開です!

場面が変わって、今日は釣り船幕の内の船上です。

お客さんのお子さんにエサをつけ方を教えてあげています。

とても楽しそうにしていますが…。

その姿を見ていたお母さんは何かを感じている様子。

お客さんとボクシングの話をしています。

チャンピオンになれなかったことを残念がるお客さん。

ですが、一歩は「今、充実しています。」とすがすがしい顔で応えています。

港では青木と金田が直立不動で釣り船「幕の内」の帰着を待っています。

そこへ、久美姐さんが登場。ワンポがはしゃぎます。

久美姐さん、青木と金田にさりげなく探りを入れます。

「幕の内さんっていい先生?どんな練習しているの?」

青木「師匠は素晴らしいっす」

久美姐さんは聞きます。

『まさか、スパーリングとかしていませんよね?』

青木「(汗)い、いえ自分ら基礎練ばかりで…」

「よかった、あの人、パンチドランカーだから」

『あぶないことしようとしたら止めてね』

と久美姐さんは言います。

板垣は「先輩をパンチドランカーと断定した人はいない」と言っていましたが、、、。

ここに居ました…

 

 

はじめの一歩(1251話)の感想

久美姐さん、やはり間柴の妹だけあってふとした時に見せる顔が怖いです。

青木、金田はびびるだけしかできません。

今週の終わりに、「久美姐さんの顔が暗い理由がもう一つ」と書かれていました。

いったい何があるのでしょうか?

ですがあまり深刻な事ではない感じですね。

来週はギャグ回でしょうか?

はじめの一歩(1252話)掲載予定の週刊少年マガジン 11号は、2019年02月13日(水)に発売です!お楽しみに!!

-はじめの一歩
-

Copyright© 漫画ハイライト , 2019 All Rights Reserved.