人気漫画の最新話のネタバレやあらすじ、感想をご紹介します。

漫画ハイライト

火ノ丸相撲

火ノ丸相撲 ネタバレ!228話【最新話】【勝負あり!】乱れた心では冴ノ山には勝てませんよ!

投稿日:

週刊少年ジャンプ11号(2019年02月09日(土)発売)【火ノ丸相撲】の 228話(最新話)のネタバレ&あらすじをご紹介!

火ノ丸相撲の最新話を見る!

以下ネタバレありのあらすじなので、まだ最新話を読んでいない方はご注意くださいね。

前回(227話)のあらすじ

大包平が童子切に投げ勝ちました。

童子切は腕を痛めたかもしれません。

その結果を快く思っていない者がいます。刃皇です。

刃皇は最後の場所を万全の童子切と戦って引退の花道にしようと考えていたからです。

力水を大包平にぶっかけます。

しかし、大包平も言われっぱなしではありませんでした。

「このまま星を重ねていけば、優勝決定戦で同部屋対決もあります。」

「あんた(刃皇)の好きにはさせませんよ。」

刃皇が力水を大包平にぶっかけたのを見ていた観客がブーイングしています。

場内が騒然としてきました。

そして、最後の取り組みは刃皇と冴ノ山です。

冴ノ山関とはいったいどんな関取なのでしょうか?

 

「火ノ丸相撲」228話のネタバレ

立ち合いから刃皇を圧倒する冴ノ山。

このまま横綱 刃皇を押し出せるか?!

冴ノ山は中学を卒業して柴木山部屋に入門しました。

相撲経験はなかったのですが、小・中と野球に打ち込みエースで4番、体力に自信がある子供でした。

柴木山部屋の稽古は厳しかったのですが、元々の体の強さと器用さ、勉強熱心な性格もあって順調に番付が上がります。

19歳で十両昇進して、四股名を本名の長谷川から冴ノ山に改め20歳で新入幕。

しかし外国人力士全盛の幕内上位の壁は厚く、ケガもあって幕内の後ろ半分で足踏みしていました。

自分への期待がだんだん薄れていくことを感じて焦ってイラ立っていました。

そんなときにあらわれたのが、国宝「鬼丸国綱」です。

後の兄弟弟子。彼は覚悟が違いました。

『ワシも関取と同じ大相撲の横綱になるんです!』

と言い切ります。

鬼丸が柴木山部屋の二人目の関取になるまで時間はかかりませんでした。

弟弟子の昇進は嬉しいものですが、同時に脅威でもありました。

そのころくすぶっていた冴ノ山は自分と国宝たちとの違いは何かと考えていたそうです。

稽古でたまに肌を合わせても「体」も「技」も彼らに劣っているとは思えない。

ですが、ここ一番で勝ちきれずに童子切、草薙に番つけを抜かれてしまいました。

このままでは鬼関に抜かれるのも時間の問題!

そんなときに鬼関がケガをしてしまいました。

腕をケガをした鬼関がやったこと。

それは道場の隅でみなが相撲をとる様子を見ながら、

ゆっくり…

くさらず…

黙々と…

地面がえぐれるほどに四股を踏んでいました。

冴ノ山は思いました。

『あーー、これが「心の強さ」だと…』

それまでの冴ノ山は全部で30項目くらいのゲン担ぎをしていたそうです。

しかし、あの日を境に全部止めました。

ケガをした鬼丸のために、強い兄になって稽古場で待っていてやりたかったのでした。

 

兄をナメるなよ

6日目の夜、鬼丸は自分の相手の御手杵との対戦時の注意点を冴ノ山席に教えてもらっていました。

鬼丸が言います。

「ワシなんかの事より、冴さんの明日の相手は…」と鬼丸が言いかけたところで、

『兄をナメるなよ』

と言って部屋を出て行ってしまいました。

 

刃皇と冴ノ山の勝負の行方は?!

横綱が押し込まれています。

土俵際まできています。

冴ノ山、もう一息です。

冴ノ山は思い出しています。

相撲に必要のないものを手放していくうちに気づきました。

結局、欲しい者は「横綱」以外にないのだと。

冴ノ山の目標もやはり横綱になることです!

横綱 刃皇の右足は俵を超えていました…

 
>> 「火ノ丸相撲」を無料で試し読みする♪
移動したページで「火ノ丸相撲」を検索してください(^^♪

 

 

火ノ丸相撲(228話)の感想

勝負ありましたね。

乱れた心のまま相撲を取っても勝てませんよ。

冴ノ山がそう刃皇にささやいていそうです。

来週、座布団が舞いますね。

国宝世代でない力士の意地が垣間見えます。

みな、横綱という頂きをめざしてがんばって欲しいですね。

今場所の優勝は誰でしょう?

とても気になります!まだまだ前半戦。

目を離せませんね。

火ノ丸相撲(229話)掲載予定の週刊少年ジャンプ 12号は、2019年02月16日(土)に発売です!お楽しみに!!

-火ノ丸相撲
-

Copyright© 漫画ハイライト , 2019 All Rights Reserved.